楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

 


楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)の公式サイトはこちらをクリック




「 眼科では 視力低下を治す治療法は“ない” 」 ことに気づかれたあなたへ・・・



驚くべき事に、小学校時点で全体のおよそ3割、中学生になると半数以上が既に

1.0をきっているという、衝撃的な事実が報告されているのです。



そして、「 視力が低下したら、大人しく メガネをかけるしかない 」 のが現状

です。なぜならば、眼科医では 近視は治せないからです。



理由は簡単です。



視力測定と メガネ処方は、眼科診療の対象になっているため、診療報酬として

収入が入りますから、視力を測定し メガネを作ってはくれます。



が、視力回復は対象外のため、いくら指導しても 1円にもならないからです。



そのため、眼科医は 「 近視は治らない 」 という “誤った常識” を患者に信

じ込ませ、患者さんは、「 何とか裸眼で 不自由なく生活させたい、したい!」

と願うものの、



「 遺伝だから仕方ない 」、「 悪くなった視力は元に戻らない 」 と 視力回復

をあきらめ、眼科医の言われるがまま、メガネ、コンタクト生活を余儀なくされ

るのです。



結果、視力低下は どんどん進み、気が付けば、視力が0.8以上 回復しないレ

ベルまで悪化していた・・・という方は、大勢いらっしゃいます。



実は、人間の目は、遠くのモノや 近くのモノを見るとき、高性能カメラのように

ピントを自動的に調節し、被写体をクッキリ 鮮明に見えるよう働いているのですが、

その、ピントを調節しているのが “目の筋肉” なのです。



ですから、目の筋肉が凝ったり 疲れたり、衰えたりすると、ピントを合わせる調節

力が低下し、被写体がぼやけたり、かすんで見えるようになり、さらに慢性化して

視力も低下します。



モノを見るには、目だけではありません。目から入った情報(色・形・大きさなど)

を、脳が 認識・理解して、初めて人はモノを見ることができます。



そのため、視力を回復させるには、目のピントを調節する筋肉と、脳(右脳)の働き

の両方を鍛えることが 必要不可欠なのです。





楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)の公式サイトはこちらをクリック




 

 

スポンサーサイト

コメント