試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

 


試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法の公式サイトはこちらをクリック



何故人間はうつ病、パニック障害、自律神経失調症になるのか?



この先、うつ病、パニック障害、強迫性障害、統合失調症などの

心(精神)の病を総称して「精神疾患」、睡眠障害、生理不順、

めまい、手足の冷え、震え、ほてりなどの自律神経失調症に伴う

症状を総称して「不定愁訴」と呼びます。



精神疾患や不定愁訴が起る原因は共通して、脳幹という脳の一番奥

にある、体の原始的な機能を司る部位の機能障害により起ります。



脳幹というのは、脳全体から見て最も中心に位置しており、人間の

「原始的な機能」を司っております。



脳幹は「視床(ししょう)」、「視床下部(ししょうかぶ)」、「

中脳(ちゅうのう)」、「延髄(えんずい)」、「橋(きょう)」と

いう5つの箇所に分かれています。



各部位の機能不全は、密接に精神疾患や不定愁訴と関わっています。



視床下部の機能不全は、ホルモンバランスを乱します。とりわけ「セ

ロトニン」、「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」という3大神経

伝達物質の分泌の乱れにより、様々な精神疾患を引き起こします。




代表的なものが「うつ病」です。



セロトニンの分泌が減少、または再取り込みが阻害されているという

理由で起こるといわれている病気です。



病院では上記の神経伝達物質の正常な分泌を改善する為に、様々な抗

うつ薬を処方されます。



抗うつ薬は同じ種類の薬であっても皆が皆、全員に効くものではあり

ません。




抗うつ薬は効果があらわれるのに、大体2〜3週間ほどかかります。



その間服用し続け、効果がなければまた別の薬へ変えるということを

繰り返します。



仮に一時的に改善したとしても、それは根本的な改善にはなっていません。



いずれ再発します。



根本的な原因である「神経伝達物質」が、何故、正常に分泌されていな

いのか?という問題が改善されていないからです。



よくうつ病、パニック障害、強迫性障害など、精神疾患にはいくつかの

病名がありますが、これらは現われる症状に違いがあれど、原因は全て

同じです。




根本的な原因は全て同じです。その根っこの原因を取り除けば、表に出て

いる様々な症状は改善できます。



うつ病は「心の風邪」と呼ばれます。



実際に心の風邪と呼ぶようになって、それまで心療内科や精神科に抵抗が

あった人達が気軽に行けるようになったようです。



しかし、うつ病は「心の風邪」などではありません。



その他、パニック障害、強迫性障害、統合失調症などの精神疾患や、頭痛、

不眠、肩こり、その他様々な不定愁訴を含め、全て「体」に問題があるた

めに起こります。




心の病では生まれ持った性格、考え方、人間性などで、なりやすいとよく

言いますが、これも完全に間違いだと思います。



試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法の公式サイトはこちらをクリック




 

 

1