【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

JUGEMテーマ:がん全般



【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜の公式サイトはこちらをクリック



ガン告知を受けた時、多くの患者さんは、強いショックを受け、動揺し、

頭が真っ白になったり、涙が溢れ出てきたりします。



そして、少なからず“死”を意識します。



なかなか簡単にはその現実を受け入れることが出来なくて、過去の生活

習慣を悔いたり、逆に怒りが込み上げてきたり、気持ちが非常に不安定

になったりします。



しばらくは、食欲もなくなり、不安で眠れなくなったり、ひどい場合には

うつ状態になったりする方もいらっしゃいます。



自分がガンであるという現実を受け入れるのには、人にもよりますが、多

かれ少なかれ時間を要します。本当に辛い期間だと思います。



でも、どうか安心してください。



もし、あなたが、今からこの食事法を本気で実践してくださるのであれば、

あなたの人生は間違いなく良い方向へ向かい始めることになるでしょう。




三大療法とは、ご存知の通り「手術療法」「化学療法(抗がん剤)」「放射

線療法」の3つの治療法のことで、一般的にガン治療はこの3つの治療法の

いずれか、または組み合わせで行われます。



ガンの種類や進行度によって、また患者さんの状況や希望によって、どの治

療法が用いられるかはケースバイケースですが、問題は果たして本当にこれ

らの治療法でガンが治るのかどうかということです。



三大療法によって治ったり改善したりするガンも確かにあるでしょうが、い

ずれの治療法でも完治できるガンは全体のほんの一部にしか過ぎません。



完治できないどころか、非常に強い副作用に苦しめられたり、QOL(生活の質)

を落とすような後遺症を患ってしまったりすることさえあるのです。



確かに三大療法も、緊急を要する救命的な治療としてや、痛みや機能障害など

OQL(生活の質)を落とすような症状の緩和などには、“応急処置”として有効

な場合もあるでしょう。



しかし、これらの治療法は延々と続けられる治療法ではありません。



効果のない場合は、副作用や後遺症に苦しめられるだけではなく、寿命を縮めて

しまう場合も多いのです。





【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜の公式サイトはこちらをクリック




 

1