パーキンソン病ケアプログラム

JUGEMテーマ:日常

 


パーキンソン病ケアプログラムの公式サイトはこちらをクリック




あなたは、以下のどれかに当てはまりませんか?



・両手、もしくは片方の手や足がふるえる。


・発生や発音が上手くできない。


・全身の動きが鈍くなる。


・常に前かがみの姿勢になる。




以上に当てはまる場合は、パーキンソン病の可能性が高いです。



パーキンソン病といってもさまざまで、重度の方軽度の方、そ

れに加えて症状もたくさんのケースがあります。



ちょっとしたケアを心がけたり、プラスアルファでちょっと生活

に取り入れるだけで、以外とガラッと症状は変化する物なんです。



実際、パーキンソン病は強いお薬を飲みますから、飲む量や頻度

によっては、逆に副作用を伴う恐れがあります。



さらに薬に頼りきるという事は、裏返せば薬に頼らないと生きてい

けない体を、自ら作ってしまっているのと同じ事なのです。



もし、あなたが介護する側の立場に現在たっているのなら、現状の

ままでは回復することはないでしょう。



これは、数ヶ月、数年たっても状況は変わらないでしょう。



きつい言い方に聞こえるかもしれませんが、本当にやるべき事をや

っていない人があまりにも多いのが現状なのです。



ふるえや体の硬直など、一時的に良くなる事もあるかもしれませんが、

日に日に症状がひどくなっていくのが、この病気なんです。



なぜなら、パーキンソン病は難病指定されており、その効果的な治療

法や薬も、まだ残念ながら発見されていないのが現状なのです。



パーキンソン病ケアプログラムの公式サイトはこちらをクリック




 

 

1