リノール酸低減式花粉症対策とは?

JUGEMテーマ:花粉症対策




リノール酸低減式花粉症対策の公式サイトはこちらをクリック



もし、あなたが花粉症の苦しみから逃れ、完全に解放されたいと

お考えならば、この方法をお試し下さい。



まず、花粉症の人の体には、「かゆみの元となる物質」が溜まっ

ています。




これを減らせば、花粉に反応しない体になるんです。



実は、マスト細胞に溜まっているその物質は、1ヶ月あれば、十分

に減らすことが出来ます。



花粉症は、2月頃になると、とにかくひどい状態で、 毎日、朝から

晩まで目は真っ赤。



数分ごとに目薬をさし、数時間ごとに強い薬を飲んでいたりします。



本当に、辛すぎますよね。



でも、もう安心して下さい。



薬は、一切使わず、体質改善により花粉症を全快させてしまった治療

法が発見されました。



それは、ヒスタミンや、ロイコトリエンといった「かゆみ物質」を細

胞の中から減らす方法
です。



ちなみに、薬によって症状を抑える方法というのは、 「かゆみ物質」

の放出の抑制、または無力化をしているのであって、 かゆみ物質その

ものを減らす方法ではありません。



薬では、原因物質を減らすことはできないのです。



つまり、薬を使った対症療法では、細胞内に溜まっている「かゆみ物質 」

が減らないため、根本解決にはなりません。




人にはそれぞれ、花粉症が起こるまでの「許容量」がある、という話を

耳にしたことはありませんか?



「人の体には、花粉症になる“器”みたいなものがあって、 生まれた時

にはその“器”は空っぽだが、歳と共に、その“器”に何かが溜まってい

く。」

という話です。



“器”とは、鼻粘膜の周辺にあるマスト細胞のことで、“溜まってくいく

何か”とは、かゆみの原因物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、…)のこ

とだったのです。



しかし、この対策により、いったん、許容量を超えてしまった細胞であっ

ても、原因物質を確実に減らすことができます。



ヒスタミンやロイコトリエンといった、「かゆみ」や「その他の炎症」の

原因となる物質を、 マスト細胞から十分に減らせば、花粉症の症状は一

切でなくなります。



かゆみの原因が、無くなってしまうからです。




リノール酸低減式花粉症対策の公式サイトはこちらをクリック




 

1