しわの予防対策完全ガイド

 


しわの予防対策完全ガイドの公式サイトはこちらをクリック




女性の3大悩みは、しわ・くすみ・たるみですが、中でもしわはヴィジュアル的

にも手痛いダメージを与えるだけに深刻です。



”骨組の柱=コラーゲン(肌のハリ)”


”骨組を組んでいる部分(釘の役割)=エラスチン(肌の弾力)”


”土壁=コンドロイチン&ヒアルロン酸(天然の栄養分)”



肌は加齢とともに乾燥しやすくなりますが、まず皮膚が乾燥すると肌表面の角質

が荒れてめくれてきますね。



そのめくれた部分から水分が蒸発するため、肌の保水力が減少し、30代ともなる

と10代に比べて30%も減ってしまうことになります。



表皮のバリア機能が失われて皮膚が損傷した結果が“しわ”、そして加齢による真

皮層のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の減少が“たるみ”へと繋がります。



加齢は加齢でも、昨今の女性は過度のダイエットによる栄養バランスの隔たりのた

めに、実年齢よりも肌年齢が高い傾向にあります。



プラス、オフィスにおけるエアコン環境。



男性社員の多い会社なら男性の体感温度に合わせて設定されていますので、女性は冷

え症に苛まれることになります。



「あの人、まだ20代のはずなのに、もう目元にシワができている」



華奢だからあまり食べないのかと思いきや、ご飯よりもお菓子の方をよく食べていた

りします。



細くて冷え症で、ご飯は殆ど食べないのに、お菓子はよく食べる最近の若い女性たち。



背景として考えられるのは幼少時からの家庭環境です。



特にお母さんがダイエットに熱心な上に美意識が高いと、娘も幼稚園、小学校の間から



「わたしもダイエットしたい」


となり、本来摂取すべき栄養素を摂らないために肌を老けさせることになるのです。



ダイエット=オシャレの刷り込み公式が幼い内から成り立ってしまうのです。



子供の間はまだ表面化しないものの、年を重ねていくに従って結果は自然と出てきます。

「子供の頃はあんなに肌がプルプルしてきれいだったのに、今は同年代の娘と比べても

私だけ肌がカサカサ!!」



このように、どんなにオシャレしても肝心の肌が乾いていて潤いもハリもなければ、せ

っかくの努力も水の泡となってしまいます。





しわの予防対策完全ガイドの公式サイトはこちらをクリック




 

 

1