◆35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 


◆35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!の公式サイトはこちらをクリック




◆病院では、筋肉が原因の腰痛や痺れの原因を特定できません!!

⇒『骨には、どこにも異常は見当たりません、、、変ですねぇ、、』



医者の教育カリキュラムには、細胞や筋肉の状態の説明は入っていな

いのです。



MRIやレントゲンでは、細胞や筋肉の異常は発見できません。



欧米の診察ガイドラインには、「原因が特定できる腰痛は15%未満」

と、書かれています。



◆マッサージ、整体、鍼灸等は、筋肉の緊張をほぐすことしかできません。

⇒ 腰痛の原因の完治や再発の防止はできません。



あなたが腰痛を再発する度に何度も通っていることが、このことをもの

がたっています。



◆腰痛には、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、急性腰痛症な


どの名前があります。

⇒ しかし、どれも正式な病名ではありません。



便宜的に使う呼び名に過ぎないのです。原因を特定できないため、症状を

もとに医者が名前を決めています。



『肩こり、腰痛の対策は、寝る前の3分だけでOK!』



◆あなたの知っているストレッチの常識は30年前のものです!



30年ほど前にストレッチという考え方が一般に定着しました。



しかし、その後ストレッチの理論は進歩していません。そして、名前の

まま「ストレッチとは伸ばすこと」と誤解されています。



単純に、「できるだけ伸ばせば良い」という考え方が信じられています。

実は、伸ばし過ぎは危険ですらあるのです。



多くのプロのダンサーですら、気づかないままに足をいためている事実が

このことを証明しています。



のばすということは、手法の一つですが目的ではありません。



従来のストレッチは残念ながら、この点が明確にされていません。この点が、

理論が進歩していないと指摘していることの根拠です。



何のために、のばすのか?どこまで伸ばすのか?を考える必要があります。



細胞活性ストレッチは、この点を明確に理論的に決めています。十分活性化

した筋肉は、筋肉痛にはならないのです。



◆細胞活性ストレッチは、伸ばすことを目的にしていません!



慢性腰痛などの原因である筋肉のバランスの崩れを、細胞活性ストレッチに

より改善しますが、その過程で眠っていた細胞や筋肉を覚醒させるので、実

は驚くほどパワーアップします。



例えば、持っている筋肉の20%の筋肉が眠っていた場合:その20%が目

覚めると、単純計算で20%パワーアップするのです。



◆35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!の公式サイトはこちらをクリック




 

 

1