【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法とは?〜

JUGEMテーマ:健康

 




【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜の公式サイトはこちらをクリック



ガン告知を受けた時、多くの方は、強いショックを受け、動揺し、

頭が真っ白になったり、涙が溢れ出てきたりします。そして、少

なからず“死”を意識します。



なかなか簡単にはその現実を受け入れることが出来なくて、過去

の生活習慣を悔いたり、逆に怒りが込み上げてきたり、気持ちが

非常に不安定になったりします。



しばらくは、食欲もなくなり、不安で眠れなくなったり、ひどい

場合にはうつ状態になったりする方も居られます。



また、このブログをお読みの方の中には、辛く苦しい治療に耐え

て、差し詰めガンは良くなったけれど、経過観察中に再発しない

だろうか、転移しないだろうかと、片時も心が休まることのない

くらい不安で一杯な方も居られるでしょう。



でも、どうかご安心ください。



あなたが、この食事法を本気で実践されれば、あなたの人生は間違

いなく良い方向へ向かい始めます。




大切なことは、まずはガンについてよく知ることです。



ガンとは一体どんな病気なのか、どんな性質や特徴があるのか、何が

原因で起こるのか、治療にはどのような選択肢があるのか、その治療

にはどんな効果がありどんなデメリットがあるのか、どれくらいの治

療期間が必要なのか、などなど思い付くことは徹底的に調べてみるこ

とです。



その時、一般的に正しいとされている常識に流されたり、医師に言わ

れるままに治療法を選択したりするのではなく、ポジティブな見解と

ネガティブな見解の両面からできる限り正確な情報を集め、その上で、

自分で正しいと思う治療法を選択するべきです。



結局のところ、自分の命は自分で守るしかないのです。



突然ですが、『PET検査』という検査方法をご存知でしょうか?



PET検査は、“ガン細胞が正常細胞に比べて16〜18倍のブドウ糖を取り

込む”という性質を利用しています。



ここで大事なのは、“ガン細胞が正常細胞に比べて16〜18倍のブドウ糖

を取り込む”という性質です。



どんな細胞でも、成長や生命維持にはエネルギーが必要です。



正常細胞は糖(ブドウ糖)や脂肪をそのエネルギー源として使います。



ところが、ガン細胞は糖(ブドウ糖)しかエネルギー源にすることがで

きません。そして、異常なスピードでどんどん成長していくガン細胞は、

正常細胞よりもたくさんのエネルギーを必要とします。



だからこそ“糖”は「ガンの恋人」と言われるのです。



ということは、つまり、ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断

てば、ガンの成長は止まり、ガン細胞は死滅するのではないか?




ガンは、糖(ブドウ糖)をエネルギー源として成長します。



その糖(ブドウ糖)の供給を止めてしまえば、ガンを殺すことができるのです。



そんな考えの元、開発されたのが、この『がん対策プログラム』なのです。




【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜の公式サイトはこちらをクリック




 

 

1