こころの病改善法

JUGEMテーマ:こころの病情報




こころの病改善法の公式サイトはこちらをクリック




こころの病はたくさんの種類がありますが、

ほとんどの場合、早期に治療を受けることで

治ったり、改善、寛解することが多いのです。



逆に放置すると、どんどん症状が悪化し、

取り返しのつかないことにもなりかねません。



こころの病というのは、症状の違いや程度により差が

あるかもしれませんが、非常につらいものです。



身体的な病であれば、周りからの理解も得やすいのですが、

こころの病は本人のこころの中に多くの症状があらわれます。



そのため、周りから誤解もされやすく、



「あいつは怠けている」


「心が弱いからそんなことになるんだ」


「根性が足りない」


など、こころない言葉を浴びせられたりすることもあります。



しかし、こころの病は本人の気の持ちようで病状が回復するもの

ではなく、治療が必要な、れっきとした病気なのです。



そして、正しく治療を受ければ、ほとんどの場合、症状が改善、

寛解するものなのです。



きちんと治療を受ければ改善する見込みがあるのに、多くのこころ

の病に苦しんでいる人たちは正しい治療を受けられていません。



その理由としては、



・本人に病識(病気であるという自覚)がない。


・本人がこころの病であることを認めたがらない。


・本人が病院に行くのを嫌がる。


・周りの人間にこころの病についての知識、理解がない。


などがあります。



「そのうちよくなるだろう」


「病院に行くほどでもないだろう」


と、放置しがちになってしまうのですが、これは非常に危険です。



こころの病は放っておいてよくなることはありません。

むしろどんどん悪化していきます。



本書では、こころの病についての正しい知識や、こころの病の兆候、

該当する病、



そして、病院に行きたがらない人を病院に連れて行く方法が紹介さ

れています。



本書で紹介されている正しいこころの病の知識を学び、こころの病の

兆候や病院に連れて行く方法を学ぶことで、早期治療にむすびつける

ことができ、症状を改善することができるでしょう。



こころの病改善法の公式サイトはこちらをクリック




 

1