視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

JUGEMテーマ:視力回復方法

 


視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法の公式サイトはこちらをクリック




もしもあなたが今、お子さまに、



「最近、目が悪くなってきたんじゃない?」


「一生、メガネ生活はかわいそう…」


「成績が落ちてきたんじゃない…」


そんなことを思っているのなら、



そして、



「今すぐに、子どもの視力を簡単に回復したい」


と願うのなら・・・



多くの方が視力のことで悩んでいます。

でも、皆がそうだからといって、放ってはいけませんよね。



これからの長い人生、視力低下は、

お子さまの未来にも、大きな影響が出てしまいます。



では、どうすれば、

お子さまの「視力」を効果的に、

回復させることができるのでしょうか・・・?



専門の眼科のお医者さんでも、目薬を処方して、

「ゲームを控えめに」なんて、生活習慣の

簡単なアドバイスをしてくれるくらいのものです。



医者でも治せないんだから、

そもそも、視力回復なんてムリなんじゃないの・・・



そうですね。それが今までの常識でした。

あなただけじゃなく、多くの人がそう考えていると思います。



でも、

視力回復は決して不可能ではありません。



では、どうして今までの視力改善方法ではダメだったのか?



それは・・・



今までの視力改善方法が、

眼球運動だけを改善するものだったからです。



実は、この眼球運動だけでは、

目の機能は改善できても、視力は回復できないことが分かってきました。



視力低下の原因は、何だと思いますか?



「近くばかり見ているから?」


「目が疲労してしまうから?」


・・・その通りです。



だから今までの視力改善方法といえば、

眼球を運動させることばかりが中心だったのです。



でも、残念ながら、それだけでは視力は回復できないのです。



「じゃあ、やっぱり視力回復は不可能じゃないの?」



いいえ、不可能ではありません。

視力回復は「可能」です。



ただ、眼球運動を行うと目のピント調節を行う、

「毛様体筋」という目の筋肉を鍛えることはできますが、

視力低下の原因は、ピント調節だけではないのです。



そもそも、「視力」を考えるとき、

目と脳を分けて考えることが間違いでした。



従来の改善術や眼科で視力を回復できなかった原因は、

まさにそこにあるのです。



「視力とデジカメの意外な関係?」



デジタルカメラと人間の視覚システムは、

非常によく似ています。



「目」は光の情報を取り込んで、

それを脳に伝達します。



デジカメのレンズにあたる部分です。



「脳」は目から届いた光の情報を映像として解析します。

デジカメのコンピューターにあたる部分です。



デジカメは、

レンズとコンピューターが連動して、

はじめて映像を「写す」ことができます。



同じように目と脳がちゃんと連動して、

はじめて映像を「見る」ことができるのです。



視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法の公式サイトはこちらをクリック
 

 

 




 

 

1