睡眠時無呼吸症候群改善術




睡眠時無呼吸症候群改善術の公式サイトはこちらをクリック




”人からいびきがうるさいと言われる!”


”何時間寝てもすっきりしない!”


”夜中に息苦しくて目が覚める!”


”日中眠たくて仕方がない!”


”朝起きた時の頭痛。”


心当たりのある方は、「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。



睡眠時無呼吸症候群とは睡眠障害の1つで、寝ている間に短時

間呼吸が停止する病気です。



睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものです。

その最中に呼吸が止まってしまうと、酸素不足を補うために心拍

数が上がります。



脳や身体を休めるために寝ているのに、無呼吸症状があらわれる

と、寝ている間中、脳や身体には大きな負担がかかっているわけ

です。



その結果、日中の強い眠気や倦怠感、集中力の低下などが引き起

こされ、普段の生活に影響が生じてきます。



睡眠時無呼吸症候群が原因で事故も起こっていますので、放って

おいてはいけません。



睡眠時無呼吸症候群を放置することにより、



「高血圧」、「心臓病」、「脳卒中」、「糖尿病」などの生活習慣

病の発生や、悪化に影響を及ぼすようになります。




高血圧は2.9倍

心臓病は4倍

脳卒中は3.3倍

糖尿病は1.6倍

も発症リスクが高まります。



また睡眠不足による日中の眠気は判断力・集中力や作業効率の低下を

招きます。



睡眠時無呼吸症候群を診断する方法はいくつかありますが、慢性的に

いびきをかいていても、睡眠時無呼吸であるとは限りません。




当ノウハウは、単なるいびきとは違う、異常な状態を見分けるための

情報も記載しています。



正しい知識を得て、適切な治療をほどこせば睡眠時無呼吸症候群は改

善します。



睡眠時無呼吸症候群改善術の公式サイトはこちらをクリック




 

1